アレルギー検査(View39)

View39は、39種類のアレルゲンに対する反応を調べられるアレルギー検査です。従来の36種類のアレルゲンに対する『特異的IgE Viewアレルギー36』に、新たに3種類(オオアワガエリ、バナナ、豚肉)が追加されています。

アレルギー科のある病院だけでなく、内科・呼吸器科・耳鼻科・眼科・小児科でも行うことができます。

【適応】アレルギー性疾患

・アトピー性皮膚炎

・アレルギー性鼻炎

・PFS(花粉関連食物アレルギー症候群)など

※検査値に影響を及ぼす要因は特になし

※検査では、好酸球とIgEを一緒に測定することが多い。

【方法】血液検査

少量の血液(血清0.9mL)で検査が出来ます。

血液検査

【費用】保険適応で約5,000円(3割負担の場合)

ただし、初診料または再診料が別途必要なのと、好酸球・IgEの測定が追加である場合は追加で費用がかかります。

※症状がある場合は保険適用になりますが、症状がなければ保険適用外になります。


【検査結果が出るまでにかかる時間】約1週間

外注の検査会社に提出するため、結果が出るまでに約1週間かかります。

【検査結果】

基準値

アレルギー反応は、陰性だと0、陽性は2〜6という数値で表されます。

数値が大きくなればなるほど、アレルギー反応が大きいことを意味します。

【特異的IgE】

特定のアレルゲンに反応することで、IgE(特異的IgE)が上昇します。

アレルギー反応が強ければ強いほど、IgEの値は大きくなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする