研修医生活お役立ちグッズ!!

研修医生活が始まると、忙しくなったり、
疲れ果てたりして買い物にいけなくなります。

同期や先輩にアンケートを行って、
研修医生活が始まる前にぜひ揃えておいた方が良い商品を集めてみました。
では、早速ランキング!!

①ノートパソコン

研修医生活では、ノートパソコンが必ず必要です。

わからないところを調べたりするだけではなく、メールをやり取りしたり、ノートを作ったり、そして何と言っても研修医レポートを書かなければいけません。

最低でも2年以上使用することになるので、パソコンはある程度良いものを買いましょう。

②シャチハタ(キャップレス)


医者には絶対必要な3種の神器の一つ、印鑑!!
注意しないといけないのは、シャチハタはフルネームの印鑑を作ることです!!
処方する時など、名字だけではダメな場合が多いです。
シャチハタをよく無くしてしまう人のために、ストラップもあります。

③ボールペン(ジェットストリーム)


3色ボールペンは必須です!黒は必須ですが、特に意外に使うのが赤です。
指示書を書く際、特に変更等を指示する時は赤を使うことが多いです。
ですから必ず3色ボールペンにしましょう。
オススメはジェットストリームです。病院によっては、紙作業が多い病院もあるので、長時間書いても疲れない、ジェットストリームオススメです。

④聴診器(安すぎないもの)

以前、聴診器の選び方で紹介しましたが、

安い聴診器は必ず聞き逃しが生じてしまいます。

確実に聴診するためにも、必ずリットマンなど医療用の良い聴診器を使用しましょう!!

⑤クロックス

医療職は立ちっぱなしが多いのが現状です。
普通の靴だと重かったり、蒸れたりして辛いですが、クロックスだと軽いし、蒸れません。
特にこのクロックスは、足の上落ちる水や血液、ゴミなどが直接足にかかりません。
医療職にももってこいです!!
このクロックスは横穴が空いているので、『蒸れ』が少なくてオススメです。

ちなみに診療科にもよりますが、足の上に血液や医療用具が落ちることは多々あります。
値段も手頃なので、激しく汚れた時や、血が付いた時も気軽に(ちょっと痛いですが)、廃棄できます。
コストパフォーマンスは非常に良いです。

⑥ペンライト

これも必ず必要です。
患者さんの咽頭診察や口腔内の観察に便利!!
このライトはLEDで色も均一で自然な色なので、正確な診察が出来ると思います。
研修中、または研修後も対光反射を見なければならない状況は必ず経験します。
このペンライトは胸ポケットに入るので、いざと言うとき重宝します。

⑦真空断熱タンブラー

これはものすごく捗ります!!なんと言っても、水滴がつかない!!
冷えたお茶や、熱いコーヒーも、高い断熱性で良い温度をキープしてくれます。
何より持っても、熱くない!!Amazonでもベストセラーだそうです。

ちなみに、私も買いました。
しかも、この商品、先輩や友達に上げてもすごく喜ばれます!!
何より実用的で使ってもらえるので^^
贈答用もあるので、ぜひぜひオススメしてあげてください。

⑧爪切り

気がつくと、伸びているもの、それが爪です!!
患者さんに触れる職業であり、常にきれいに切っておく必要があります。
オススメは、貝印の爪切りですが、ぶっちゃけ何でも良いと思います。
大事なのは、良く切れることと、飛散防止カバーがあること、
そして何よりヤスリがついていることです!!
切ったばかりの爪は、尖っていて、患者さんを傷つけるだけでなく、手袋が破れてしまいます。特に外科用の滅菌グローブは死活問題です。
ですので、爪を切った後は軽くヤスリで磨くことをオススメします。

⑨スクラブ

白衣は病院から支給されますが、スクラブはあまり支給されません。

自分専用のスクラブを複数枚所持していた方が良いです。
ワイシャツなどを着て白衣を着ることもありますが、病院内は空調がきついので、熱くてバテてしまします。

スクラブはその点、温度管理しやすいです。
熱ければ、白衣を脱げば良いですから(笑)。
しかも、病院によってはスクラブを無料でクリーニングしてくれます。
つまり、下着と靴下だけあれば良い!!そんな生活が送れます(笑)
ちなみに私はクリーニングに出すことさえ忘れてしまうことが多いため、5セット(上下)持っていました。

⑩大量の下着と靴下

タイトルだけだとちょっと怪しい感じがしますが・・・(笑)。
靴下と下着は大量にあった方が便利です。
研修が忙しくなると、洗濯する時間も無くなることが多いです。
特に、洗濯ものが干せなくなります(笑)。
洗濯中に寝てしまったり、時には洗濯する暇もないことがあります。
ですので、下着と靴下は多めに用意しておきましょう!!

【研修医生活お役立ちグッズ】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする