「 研修医オススメ参考書 」一覧

抗生剤の使い方

抗生剤の使い方

研修医マニュアル:抗生剤を使う時、常に最初に考えなければいけないことがあります。それは、①菌の種類 どのような菌が感染しているのか? ②感染している臓器(感染のFocusを探す)各疾患、各臓器でどういた菌が多いのか? ③臓器移行性

放射線から身を守る!!

放射線から身を守る!!

研修医マニュアル:研修医では、循環器内科、消化器科、放射線科、外科、整形外科で『透視』を行います。透視とは、放射線を出しっぱなしにして、レントゲンを撮りっぱなしの状態にしながら、医療を行います。そして当然、『放射線が出る=被曝』します。

循環器科を回る前に!!

循環器科を回る前に!!

研修医マニュアル:循環器科は、まず最初に正常な心電図を読むことから始まります。正常な心電図を、『正常』と正しく判断できるようになるまで練習すること。理想は循環器を回る1ヶ月前頃から、1日10枚以上の『正常心電図』を読むことです。

消化器科のスケジュール

消化器科のスケジュール

研修医マニュアル:病院や施設によって、研修内容は違ってきますが、僕が研修している病院で行われている実際の研修内容を書きます。ここに書いてある時間通りに行かないことも多いですが、だいたいの目安で参考程度だと思ってください。

CPC(ClinicoPathological Conference)

CPC(ClinicoPathological Conference)

研修医マニュアル:CPC(ClinicoPathological Conference)とは、臨床病理検討会のことであり、研修医は2年間で少なくとも1症例は経験し、自ら発表を行い、レポートを提出しなければいけません。2年間の研修医生活の中で誰もが最も苦労するお仕事の1つです。

スポンサーリンク