「 医学 」一覧

NO IMAGE

分離麻酔と分節麻酔

研修医マニュアル:硬膜外麻酔において ①分離麻酔 →局所麻酔薬の濃度を調節することで、遮断する神経を調節すること。局所麻酔薬の濃度が高いほど、太い神経が遮断されて、濃度が低ければ細い神経が遮断される。神経の太さについて、太い順に運動神経>知覚神経>交感神経となる。

NO IMAGE

人工呼吸(人工換気)

研修医マニュアル:【人工呼吸の適応】※指導医からよく質問されます。要暗記!! ①酸素投与だけでは酸素化が解決しない。②酸素化が良くても二酸化炭素を吐き出せない。→二酸化炭素が貯留する人 ③自分で呼吸運動の調節が出来ない。【人工呼吸管理の具体的な適応】

抗生剤の使い方

抗生剤の使い方

研修医マニュアル:抗生剤を使う時、常に最初に考えなければいけないことがあります。それは、①菌の種類 どのような菌が感染しているのか? ②感染している臓器(感染のFocusを探す)各疾患、各臓器でどういた菌が多いのか? ③臓器移行性

NO IMAGE

抗癌剤の効果判定基準

研修医マニュアル:①CR(Complete Response):完全寛解・著効 全ての病変の100%縮小(消失)が4週間以上持続。②PR(Partial Response):部分寛解・有効 病変の50%以上の縮小が4週間以上持続。③MR(Minor Response)病変の49〜25%縮小④NC(No Change):不変

NO IMAGE

略語シリーズ(循環器編)

研修医マニュアル:循環器科を回る際に覚えておかなければいけない略語集です。カルテの記述、指導医の先生の説明やカンファレンスなどでよく使われるので、覚えておかなければ本当ちんぷんかんぷんなので、是非覚えてから臨床に臨みましょう!

CPC(ClinicoPathological Conference)

CPC(ClinicoPathological Conference)

研修医マニュアル:CPC(ClinicoPathological Conference)とは、臨床病理検討会のことであり、研修医は2年間で少なくとも1症例は経験し、自ら発表を行い、レポートを提出しなければいけません。2年間の研修医生活の中で誰もが最も苦労するお仕事の1つです。

スポンサーリンク