呼吸器(ICU管理)の専門用語

呼吸器、ICU領域の専門用語をまとめました。
主に、ICU(集中治療室)で使われます。
ここに書かれている専門用語は最低限覚えないと、
ICUでかなり見下されてしまいます。

看護師さんからも侮蔑の目で見られてしまいます。
特にICUの看護師さんは、優秀で学習意欲が高い人が多いので、
使えない研修医だと判断されたら、相手にされなくなってしまいます。

ですので、ここで使われている用語は最低限覚えてから、
ICUの実習に臨んでください。

余裕があれば、ぜひICU実践ハンドブックを一読してから臨んでください。

【呼吸器の専門用語】
・A/C:Assist Control 補助・調節換気

全ての呼吸に対して呼吸器が補助調節

1回換気量(従量式VC)、吸気圧・吸気時間(従圧式PC)は呼吸器が設定

・BiPAP:Bilevel Positive Airway Pressure
高相と低相の二相のPEEPを一定時間交互に繰り返す換気モード

・CMV:Continuous Mandatory Ventilation 持続強制換気

・CPAP:Continuous Positive Airway Pressure 持続気道陽圧

・PS:Pressure Support:圧支持

自発吸気の時間内に、予め設定された圧で吸気を補助する。

人工呼吸との同調性の改善や吸気仕事量を軽減することが出来る。

・CPAP±PS

患者がかなり自由に呼吸できるモード

全ての呼吸は患者自身の努力で行われる

PS(自発呼吸に対する陽圧サポート)の併用多い。

※CPAP+PSをPSVとも言います。

・f:frequency:呼吸回数

・NIV:Non-Invasive Ventilation:非侵襲的換気療法

・NPPV:Non-invasive Positive Pressure Ventilation:非侵襲的陽圧換気法

・Pi:Inspiratory Pressure:吸気圧

・PBV:Predicted Body Weight:予想体重

・PC:Pressure Control:従圧式

・PSV:Pressure Support Ventilation:圧支持換気

・PEEP:Positive End-Expiratory Pressure:呼気終末陽圧

・RSBI:Rapid Shallow Breathing Index:

・SBT:Spontaneous Breathing Trial:自発呼吸試験

1日1回CPAP+PS等の人工呼吸モードにして患者自身で呼吸しても問題がないか確認すること。

・SIMV:Synchronized Intermittent Mandatory Ventilation

同期式間欠的強制換気

→ACとCPAPの中間

・TC:Tube Compensation:気管チューブの抵抗のみを打ち消すモード

・Ti:inspiratory Time:吸気時間

・VC:Vital Capacity:肺活量

・VC:Volume Control:従量式

VILI:Ventilator-Induced Lung Injury:人工呼吸器誘発性肺損傷

 ①Barotrauma:圧障害

過剰な圧による障害。プラトー圧が高いとなりやすい。

気胸、皮下気腫、縦隔気腫

 ②Volutrauma:容量損傷

肺胞過膨張、肺胞過伸展による肺胞上皮、血管内皮細胞の障害

 ③Atelectrauma:無気肺損傷

周期的な肺胞の開閉による障害、無気肺に隣接する終末気管支に対する障害。
Shear Stress(過膨張と虚脱で生じるずり応力)による障害。

 ④Biotrauma:炎症による障害

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする