髄液検査

【基本的知識】

髄液の多くは脈絡叢で産生(500〜700ml/day)される。

成人の髄液量は約140〜270ml
髄液検査は2〜3本のスピッツで採取して、1本目を髄液一般検査に用いる。

髄液は、タンパク量が少なく、浸透圧が低いため、

細胞変性が極めて早いので、細胞検査は採取後1時間以内で行う。

【髄液の外観】

無色透明 → 正常

混濁   → 高度細胞数増加

日光微塵 → 軽度〜中等度細胞増加

血性   → 頭蓋内出血、穿刺時の血管損傷

キサントクロミー → 頭蓋内出血後(くも膜下出血等)
病気別で言うと、
細菌性 → 混濁、膿性
結核性・真菌性 → 水様〜黄色調
ウイルス性 → 水様
くも膜下出血 → 血性(またはキサントクロミー)

【髄液基準値】
蛋白:50mg/dL以下(50mg/dL以上は病的増加)

糖:50〜80mg/dL(血糖値の60〜80%)

※ 血糖値との対比が重要。

LD:20〜50IU/L

※ウイルス性髄膜炎・細菌性髄膜炎の鑑別

LD1:広範囲神経組織障害

LD2:リンパ球、広範囲神経組織障害

LD3:リンパ球

LD4:好中球

LD5:好中球

正常髄液 LD1・2・3 > LD4・5

細菌性髄膜炎 LD1・2・3 < LD4・5

CK:6U/L以下

※血中CKとは独立している。

髄液細胞数の基準値
新生児:   25/μL以下

乳児:   20/μL以下

乳児以降: 5/μL以下

【髄液検査でわかる疾患】

髄膜炎・脳炎

くも膜下出血

多発性硬化症

脳ヘルニア

ギランバレー症候群

ベーチェット症候群

サルコイドーシス

脳腫瘍

転移性腫瘍

プリオン病

【参考文献】

Neuropathology, DIMITRI P. AGAMANOLIS, M. D.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする