研修医の給料

匿名希望様から、『研修医の給料について書いてください』と
メッセージを頂いたので書かせてもらうことにしました。

厚生省のワーキンググループが行った2011年度の調査結果によると、

研修医1年目の平均年収は435万円だそうです。

また、過去の厚生省の発表では、
2003年度:265万円
2004年度:365万円  という記載もありました。

では、実際はどうなのか?
同級生や先輩に聞いた情報を参考に、まとめてみました。

実際は、435万円くらいだと思いますが、
もっともらってる人がいるのも事実です。

というのも、研修医の給料は、
募集要項に書かれていることが全てではないことがあります。

例えば、2つの病院の給料を比べてみます。

(1)ある私立病院の場合

①給与(年額) 500万円(当直料含む)
※社会保険、厚生年金、雇用保険、労災加入

②宿舎あり
費用は月額45,000円
(2)ある公立病院の場合

①給与(年額)360万円
※ 社会保険、厚生年金、雇用保険、労災加入

②宿舎あり
費用は月額5,000円
どうでしょうか?パッと見たら、(1)の私立病院の方が給料が良く見えませんか?
でも、実際に給料が多く、使えるお金が多いのは、(2)の病院だったりします。

そのカラクリは、

1.残業代・当直料
残業代・当直料については、募集要項に書かれていないことが多々あります。
①のように、当直料を含むと書いてある場合は、当直料は給料に含まれており、どれだけ当直をしようが、+αでもらえることはありません。

逆に、残業代・当直料が別途記載してあったり、書かれていない場合は、基本給に+αで出ることがあります。

病院によっては、残業代・当直料が基本給を超えるところもあるようです。

2.宿舎費用(家賃)
意外に重要なのが、宿舎費用(家賃)です。
基本的に研修医は、宿舎または病院近くの賃貸に住みますが、家ではほぼ寝るだけの生活になることが多いです。
2年間の研修医生活で、合計24回の家賃を払わないといけないけど、上記のように、毎月4万円違っただけで、2年間で4万円×24=48万円の差になります。
この2つの要素が毎月の給料に大きく関わってくるかと思いますが、
その他の要素として、

3.飲み会が多い
飲み会が多い病院は、やはり出費がかさんでしまいます。
特に忘年会、新年会など年末年始は出費が激しくなりがちです。

などもあります。

実際、上記1.2.3については、書類だけではわからないので、先輩や関係者の方にお話を聞くと良いかもしれません。(お金の話はものすごく聞きにくいですが・・・。)

もっとリアルなお話が聞きたい!!という方がいれば、また書こうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする