外科スケジュール

外科研修のスケジュールをまとめてみました。

研修医生活の中でも、キツイ科の一つだと思います。施設によって、違いはありますが参考にしてみてください。

【午前】

①7時45分出勤

白衣姿に着替え、病棟に上がり、先生方、スタッフの方達に挨拶。

②8時00分

病棟ナース・ステーションで受け持ち患者さんのカルテをチェック。

→バイタルや尿量、排便、食事摂取量、昨夜、何か変化は無かったかなど

→看護師さんがVital、観察記録、注意事項などを記載してくれています。

→本日の予定を確認(検査、ope、処方など)

③8時30分

カンファレンス。病棟全ての患者さん、1人1人について発表を行う。

なぜ入院しているか、どんな治療を行っているか、現在どのような状況か、今後の予定はどうかなど。

④9時00分

入院患者さんの点滴や処方をオーダーする。

検査結果(主に血液検査)が出ていたら、それを確認し、回診の準備を行う。

⑤9時30分

曜日によって、

 ⅰ)手術があれば、手術に入る。

※手術室の振る舞い方参照

 ⅱ)手術がなければ、回診に同行する。

院内専用ノートパソコンをもって、患者さんを回る指導医についていく。

指導医が行った診察内容や、発言などを電子カルテに記録していく。

【外科回診で記録しておくべきこと】

手術前であれば、体調・全身状態を中心に記録。
睡眠がとれているかどうかも大事。

手術後であれば、バイタルはもちろん、
尿量、熱が出ていないか、痛みがないか、腹部診察、創部の状態、
ストーマの状態、ドレーンの状態(ドレーン挿入部、ドレーン廃液量など)

【お昼】

外科ではお昼ご飯は、決まった時間にとれません。

空き時間に急いで食べるのが基本です。

※手術時間の関係で、お昼ご飯が食べられないことがしばしばあります。

朝ご飯はしっかり食べた方が良いです。

どうしても朝ご飯が食べられないときは、ウィダーインゼリーやカロリーメイトだけでも食べましょう。

【午後】

午後の予定はその日の手術を中心に決まってきます。

手術が入っていれば、手術に入る。

手術がなければ、病棟で入院患者さんを診る。

⑥17時30分~

受け持ち患者さんのカルテをチェックし、気になる患者さんは再度診察をさせて頂き、そうでない患者さんにも、再度お話を聞かせて頂き、明日もよろしくお願いしますと挨拶をする。

⑧18時~

医局にて復習、わからないところを先生方に質問。

次の手術の勉強(予習)。(※手術の勉強方法参照)

⑨20時~帰宅

※救急外来などで緊急手術になると、夜でも呼び出しがあり、手術に入ります。
また、週に1回コメディカルスタッフの方達との合同カンファレンスがあります。
【コメント】

外科はとくかく体力勝負!!10時間を超える手術があったり、ひたすら器具を押さえたり、カメラを持ったりと、最初の1週間は筋肉痛になります。

2週間目頃から、徐々に慣れてきますが、(僕のように)手術が苦手な人にとっては、ひたすら苦行の日々です。とりあえず、体調にだけは気をつけて、気合いで乗り越えましょう。

※栄養ドリンクは必須だと思います。(眠気覚まし+体力的な意味で)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする