血液培養(血培)

血液培養の手順をまとめました。
研修中、必ず行うことがあると思うので、知っておくと便利です。

【準備】
1.看護師さんに『血培とります』と宣言する。

→血液培養は一人で採血することが難しい所があります。

忙しくなければ、介助についてもらった方がスムーズに行えます。

※他の手技でも同様ですが、周囲の人に声かけしておくことは大事です。

2.物品の準備

血液培養ボトル、消毒薬(アルコール綿、イソジン、クロルヘキシジン)、
シリンジ、針、滅菌手袋を用意する。これらの物品は、各病棟のどこにあるか覚えておく!

手洗い、マスク着用も忘れないようにする。

3.患者さんへの説明

普段の採血とは消毒方法や採血回数が異なるので、患者さんも驚かれるかもしれません。
検査の必要性をしっかりと説明し、普段の採血とあまり変わらないことをお伝えする。

【採血】
1.消毒

アルコール綿で穿刺部位から直径20cmぐらいをゴシゴシこすってきれいにする。

特に汚染が顕著な可能性がある下肢は厳重にきれいにする。

2.消毒(2回目)

イソジンで 内側から外側へ円を描くように 消毒する。2回行う。

3.乾燥

イソジンは約2分で十分な消毒効果を得ます。
すぐに処置を行わないようにしましょう。

4.清潔手袋装着

清潔手袋を装着する。
この時、手袋が入っている紙は、
物の置き場に利用するかもしれないので、清潔にしておく。

5.物品の受け取り

介助者からシリンジ、針を受け取る。もちろん、清潔操作で。

6.穿刺

患者さんに声をかけながら、穿刺を行う。
静脈は陰圧を強くしても流入量はあまり変化しないので、
力をぬいてゆっくり吸引する。採血量は20ml。

7.ボトルへ注入

針刺しに注意しながら、嫌気性(Anaerobic)用ボトルから注入する。10ml注入したら、残りを好気性(aerobic)に注入する。

これらの操作を2回繰り返す。

→正確な診断を行うために血液培養は必ず2セット必要です。

【参考文献】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする