ジャクソンリースとアンビューバックの違い

ある日、当直をしていたら、看護師さんに
『ジャクソンとアンビューの違いってなんですか?』
と聞かれて即答出来なかったので、まとめてみました。

ジャクソンリースとアンビューバックの違いは、

『自分で膨らむか膨らまないかの違い』

1.ジャクソンリース

【特徴】

酸素などの供給がなければ膨らまない。

【利点】

・ 空気を押し込んだ時の抵抗(圧力)や呼気の戻り具合などの情報が得られる。

→自発呼吸のある人には、ジャクソンリースの方が良い。

・アンビューバックに比べ、より高濃度の酸素を供給することが出来る。

【欠点】

・マスクの保持や気道の確保(下顎挙上など)が上手く出来ないと

 バックの膨らみを維持することが出来ない。

・使用時の状況が悪ければ(酸素供給手段が無いなど)、使用できない。

・ジャクソンリースは、長時間の使用で二酸化炭素の貯留が生じやすい。

2.アンビューバック


【特徴】

・酸素の供給が無くても人工換気が出来る。

【長所】

・酸素などの供給が無くても、人工換気を行うことが出来る。

・使用状況の条件が悪い救急の現場でも使うことが出来る。

【欠点】

・呼気による情報が得られない。

リザーバーが無ければ、Room Air+αの酸素しか供給できない。

→リザーバーバックを付ければ100%酸素供給が可能。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする