トレッドミル負荷心電図検査


トレッドミル負荷心電図検査

 
ベルトコンベアに乗って、歩く(または走る)ことで、日常生活で現れる胸痛・動悸・息切れなどの症状を再現し、その時の心電図と血圧の変化を見て、運動中の心臓の状態を調べる検査。循環器科を回る研修医が知っておくべきことを書きます!!

①決して研修医1人で開始しないこと!!→トレッドミル負荷試験による死亡事故は、20万件に1件、緊急入院は4万件に1件の割合であり、不慮の事故が起こる可能性が高いので、緊急対応できるように電気的除細動器、救急カート、救急薬品などの準備をし、救急対応のできる医師が行う必要があります。

※必ず、指導医の先生と一緒にやりましょう!!

②トレッドミル負荷試験の判定

トレッドミル開始前の安静時心電図を読み、負荷をかけた時に生じるST-T変化やPVC、PACを見つけることが求められます。
特に運動負荷心電図の虚血判定基準は覚えておいた方が良いです。
陽性基準とか尋ねられるので、ある程度暗記してから実習に向かいましょう^^

詳しくは、ここを見ましょう!!

慢性虚血性心疾患の診断と病態把握のための検査法の選択基準に関するガイドライン(2010年改訂版)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする