抗癌剤の効果判定基準

①CR(Complete Response):完全寛解・著効
 全ての病変の100%縮小(消失)が4週間以上持続。

②PR(Partial Response):部分寛解・有効
 病変の50%以上の縮小が4週間以上持続。

③MR(Minor Response)
 病変の49〜25%縮小

④NC(No Change):不変
 病変の50%未満の縮小または25%未満の増大が4週間以上持続

⑤SD(Stable Disease):不変
病変の縮小率が30%未満、または20%以内の増加で、二次的病変が増悪せず、かつ新病変の出現のない状態が4週間以上持続。

⑥PD(Progressive Disease):進行・増悪
最も縮小した時点から、25%以上の増大または新病巣の出現。

【参考文献】
固形がんの治療効果判定のための新ガイドライン(RECISTガイドライン)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする