糖尿病(HOMA-RとHOMA-β)


HOMA-R(インスリン抵抗性)

Homeostasis model assessment ratio

空腹時インスリン値(FPI)(μU/ml) × 空腹時血糖値(FPG)(mg/dl)/405

基準値:1〜1.6 (1.6以下は正常)
2.5以上をインスリン抵抗性ありとする。

※糖尿病が進み、インスリン分泌が減少してくると有効な指標では無くなる。

※早朝空腹時の血中インスリン値が1.5μU以上を示す場合は、明らかにインスリン抵抗性がある。

HOMA-β(膵β細胞機能)

空腹時インスリン値(FPI)(μU/ml)× 360/【空腹時血糖値(FPG)(mg/dl)ー63】

基準値:40〜60%
30%以下:インスリン分泌低下あり

HOMA-R、HOMA-βは、正確に指標をとろうと思ったら、
14〜18時間の完全絶食が必要。

※インスリン治療中の場合は評価ができない。

【参考文献】ワンポイント・スキルアップ糖尿病 No.21 経口糖尿病薬の使い方 症例検討①

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする