寝たきりと認知症にならないための7つのポイント

 診療中、しばしば患者さんから
『認知症にならないようにするにはどうしたら良いの?』とか
『寝たきりになりたくない』といった声を良く聞きます。


とっさに聞かれると困ることが多いので、まとめてみました。

【寝たきりと認知症にならないための7つのポイント】

①1日1500mlの水分補給。

→体格や生活環境などの違いもあるので、厳密でなくても良いです。

②1日1500kcalの食事

→バランスの良い食事を心がけて。

③便秘にならないこと。

→3日以上便秘だと、薬等が吸収されにくくなる。

④運動すること

→ウォーキング3kmが理想。

⑤外出すること

→1日1回以上の外出をする。スーパー、買い物。

⑥趣味をもつこと


⑦仲間を作ること

→多いほど良い。

※認知とは、その人が置かれている状況を
『認識』、『理解』、『判断』する総合的な精神の働きのこと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする